これで解決!青色申告と白色申告のそれぞれの違い

青色申告と白色申告の違い

確定申告には大きく分けて青色申告と白色申告の2つがあります。それではこの2つは一体何が違うのでしょうか。

まず青色申告の場合は65万円控除という特典が付いています。青色申告を行うだけで65万円の控除が行えるので非常に便利でお得です。また赤字を出してしまっても、青色申告であれば翌年度に繰り越すことが出来ます。しかし青色申告のためには複式簿記というやや複雑な申告を行わなければなりません。詳しい申告を行う分、それなりの特典が付いてくる、ということになります。

次に白色申告ですが、こちらは複式簿記ではなく単式簿記という簡単な方法で申告をすることが出来ます。非常に簡単なので特別な知識なども必要ありません。しかし簡単に申告が行える分、青色申告についてくる65万円控除などの特典は受けることが出来ません。

簡単にまとめると、特典はついてくるけど難しいのが青色申告、簡単に申告できるけど特典はないのが白色申告、ということになります。

初心者に青色申告は難しいのか

それでは確定申告に慣れていない初心者は、青色申告をすることが出来ないのでしょうか。そんなことはありません。簡単に複式簿記が行える会計ソフトを使えば初心者でも青色申告をすることが出来ます。会計ソフトは特に知識がなくても使うことが出来るので初心者でも問題なく使うことが出来ます。また会計ソフトは無料のものであったり、また有料であっても無料で使えるキャンペーンを実施していることがあるので費用もかかりません。そのため、特に理由がないのであれば、青色申告をする方がお得です。

青色申告とは、複式簿記に基づいて帳簿を作成して、その記帳から所得税額を計算して申告することです。65万円または10万円の特別控除や、赤字の3年間繰越控除などのメリットがあります。