営業成績を上げる効果が期待できる!統合顧客管理の大切さ

顧客の需要の変化が一目で分かる

統合顧客管理でデータ管理を行う際には、ただ売り上げ見込みデータや、これまでの売り上げのデータだけを管理しておけば良いというわけではありません。

重要なのは顧客属性データという、営業ターゲットを絞り込むために必要なデータで、集中的に営業を行う対象を絞り込みやすくなります。

これまでのマーケティングデータを参考にしながら、統合顧客管理を行う事によって、特定の時期にだけ営業が上手くいきやすい顧客を絞り込む事も簡単です。

顧客へのアンケート結果なども合わせて管理できる、統合顧客管理のソフトを活用する事によって、商談の中で顧客に提示できるデータも増やしやすくなります。

これまでに獲得した顧客の変化を見る

自社の営業マンが新規顧客の獲得ばかりを考えてしまわないように、日頃から統合顧客管理のデータを参考にするように教育する事も重要です。

一度は獲得できた顧客が離れてしまった際に、なぜに自社の商品やサービスを利用しなくなったのか、顧客の意識の変化をチェックする事の方が重要だと指導してください。

統合顧客管理で蓄積されていくデータの中には、顧客が自社の商品などを利用しなくなった理由なども含まれています。

そのデータを定期的に参照する事によって、今ならば以前の顧客にも営業をかけるべきタイミングではないかと、営業マンが気付ける場合もあります。

今までに営業によって獲得した顧客が多い企業ほど、一度は離れてしまった顧客を呼び戻すために、統合顧客管理のデータを大事にしてください。

統合顧客管理とは、顧客満足度とロイヤルティの向上を通して売り上げなどの拡大と利益の向上を目指すことです。